iPhoneXの発売に寄せて~脱毛クリニックマンガ

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。

脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

iPhoneXの発売に寄せて

iPhoneXは顔認証

iPhoneXが発売されるそうで、それは今までの「指紋認証」と異なり「顔認証」になるそうです。すごい。
ただ個人的に、このマンガのような事例ではどうするんだろうと心配で昼も眠れません。

自分も寝起きはすごい顔をしてますし、疲労感があると「明らかに別人ですよね」とよく言われます。
顔については、表情や化粧の影響をほとんど受けないのでしょうか。だとしたらすごい技術だと思います。
ちなみに以前に書いたことがあるのですが、自分はパソコンの指紋認証ですら、何度となく拒絶されます。
実例はこんな感じです。

うまく認証されると、こんな画面になるんですが。

立ち上がりのときとかは、何度やってもこんな画面になることがあります。

「速すぎる」

「速すぎる」。

これ、本当に自分のせいなのか。

パソコンくんがボーッとしているせいだと思うんです。

いくら遅くやっても、こうなりますし。

それを人のせいにして、責めてくる。

なんかいかにも「僕のパソコン」という感じがすごくします。
ペットが飼い主に似る感じです。

この指紋認証エラーには、他にも「遅すぎる」「照合エラー」などのパターンがあるんですが。

他にも色々なパターンを考えてみました。

「太すぎる」

 

余計なお世話です。

逆に、こんなのもアリです。

「きゃしゃすぎる」

 

どうすればいいのか。

「若すぎる」

 

そんなこと言われても。

「ヤバすぎる」

 

何が。

 

「これは ひづめです」

 

違います。

「いやだ 触らないで」

 

悲しい思い出が走馬燈のように。

「加藤鷹」

 

指先の動きが激しいときに表示されます。

「汗かきすぎ」

 

切なくなります。

「ギザ速ス」

 

しょこたんです。

ちなみにATOKが、
「『はやす』から『速ス』になるように登録しますか?」
と聞いてきたので、無言で「はい」を押しました。

 

「前科三犯」

 

そんな照合まで。

 

そして、あまりに失敗しすぎるとこんなメッセージが。

「情けない」

  

心から余計なお世話です。

心理学ともiPhoneXとも一切無関係な話をしつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


2017年10月、ゆう脱毛スキンクリニック上野院も開院します!ぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆう脱毛スキンクリニックの無痛脱毛はこちらからどうぞ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。