医療脱毛について

シェアする

医療脱毛について

医療脱毛は、医療機関でのみ受けられます

東京脱毛クリニック受付イメージ

医療脱毛は、脱毛現象を生じさせる「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」です。
そして、これは厚生労働省で、医療従事者(医師または看護師)のみが取り扱いが許可されています。
東京脱毛クリニックでは、医療機関のみが取り扱える、厚労省認可の医療レーザー脱毛機を導入しております。

医療脱毛とエステ脱毛との違い

医療脱毛とエステ脱毛では、使用できる脱毛機に根本的な違いがあるため、効果や安全性に歴然とした差が生じます。
それは、医療脱毛は医療機関でのみ受けられ、エステ脱毛は一切の医療行為が禁じられているからです。

東京脱毛クリニックの医療脱毛 エステ脱毛
使用
脱毛機

厚労省認可のメディオスターネクストプロを使用

厚労省認可のメディオスターネクストプロ

高い安全性と痛みを最小限に抑えることが期待できる上、毛根を破壊することを目的とした医療脱毛機である。

厚労省に認可されていない脱毛機

光脱毛などの脱毛機※画像はイメージです

光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)。
※画像はイメージです

照射
レベル

毛根周りの毛母細胞等を破壊することを目的

医療レーザー脱毛

毛根周りの毛を成長させる毛母細胞や毛乳頭等に熱ダメージを与え、破壊することができる。

毛根を破壊することはできない

光脱毛

エネルギーが弱いので、「脱毛」ではなく、「除毛」または「減毛」しか行えない。

安全性

厚労省認可により、
高い安全基準をクリアした医療脱毛機

厚労省認可の医療レーザー脱毛機を使用しているため、高い安全性が認可されている。
また、照射を行うのは医療従事者。

厚労省に認可されていない脱毛機

厚労省認可の脱毛機ではないことや、医療従事者ではないスタッフによる照射のため、ヤケドのリスクがある。

トラブル
対応

万が一の際には
医師がすぐ対応

万が一の肌トラブルにも、医療機関なので、すぐに医師が対応できる

医師がいないので、
迅速な対応が不可

医療機関ではないので、医師による処置が行えない。

脱毛のセルフケアをおすすめしない理由

東京脱毛クリニック受付イメージ

ムダ毛の自己処理は、面倒で手間がかかるものですが、繰り返すことで周辺の皮膚の状態を悪化させる原因ともなります。
医療脱毛は皮膚表面を傷つけることなく、黒い色素を有する毛の細胞組織にのみ反応するので、肌ダメージの心配が少なく、なめらかな肌に導きやすい施術です。
ムダ毛の自己処理による肌荒れにお悩みであれば、早めに医療機関を受診いただくことをおすすめいたします。

毛抜きで皮膚を傷めたイメージ
毛抜きで毛を抜く行為は、毛穴に何度も負荷をかけて炎症を起こす可能性があります。
また、埋没毛と呼ばれる皮膚に埋もれてしまった状態をつくりやすく、無理に引き抜こうとすることで、炎症や肌荒れのリスクを高めてしまいます。
カミソリ負けしたイメージ
また、カミソリで剃る行為は、ムダ毛といっしょに周辺の皮膚表面の角質を傷つけることになり、肌荒れや黒ずみなどの色素沈着を引き起こすことになります。

脱毛施術の関連ページ

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
東京脱毛クリニックメンズサイト