男は好きなほど「自分」を語る!

男は好きなほど「自分」を語る!

あざ笑っていいとも!「日常で使える心理知識」のコーナーです。 特に心理の専門家でもないけどこの番組のスポンサー令嬢というだけで出演している ヤギテガミさんです!アメリカのガルシア・S博士によると「男性は相手に好意があると一人称を多用する傾向があるそうです。

男性は、相手を好きなほど、「一人称」を使います。
「俺はこんな仕事をしていて」
「僕はこんな趣味があって」
「自分は休みの日は、こんなことをしてるんだ」
などです。
一言で言うと、自分のことをアピールしたがるわけですね。

実際、以前にお見合いパーティで周囲の男性を観察していたことがあるのですが。

魅力的な女性を前にした男性ほど、
「僕は○○してます!」
「自分は△△してるんです!それで…!」
というように、ひたすら自分のことをアピールしていました。

逆にそんなに魅力的ではない女性を前にした男性は、
「え、キミは何の仕事してるの? へぇ」
「どうしてこのパーティ来たの…? そうなんだぁ」
というように、女性のことについて質問を中心に行い、そこまで自分の話をしていませんでした。
そのときは「興味がない相手に、自分の個人情報をそんなに知られたくないのかな? リスク回避なのかな?」と思っていたのですが、純粋に「好意がないから、そこまでアピールをしようとしていなかった」ということが判明しました。

もちろんですが、自分の話ばかりし続ける男は、好かれません。
相手の話を聞くことは、すごく重要です。
だからといって、初対面の場合に「ずっと聞きっぱなしで、自分のことをほとんど話さない」という場合は、そんなに好意を抱いてない可能性もありえるわけです。
これはウラを返せば…!
女性からしたら、相手の話をガンガン聞いて「俺は」「僕は」というトークを引き出してあげれば、男性は「あれ? 俺はこんなに自分のことを話してるということは、好意があるということなのかな?」と思う可能性もある、ということです。

聞き上手な女性がモテるのも、それが原因なのかもしれません。

何にせよ、男性は女性への好意を判断する指標として、そして女性は男性の好意を高めるための手段として、覚えておくといいかもしれません。

男の好意=俺・僕。

英語にするなら、

一人称こと「I」は「愛」なのです。

自分的に、うまいこと言ったのか言ってないのか分からなくなりつつも、僕のテキストをここまで読んでくださって、私からすれば本当にありがとうございました。(全力の好意アピール)

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。