【マンガ】で分かる無痛脱毛(レーザー脱毛)

【マンガ】で分かる無痛脱毛(レーザー脱毛)






製作…「マンガで分かる皮膚科・美容皮膚科」製作委員会

作画…ソウ 原作…ゆうスキンクリニック 医療監修…森しほ/東京大学医学部附属病院(皮膚科)

現在は「蓄熱式脱毛」により、さらなる無痛が実現しております!
お気軽にご連絡いただければ幸いです。

top201603-(1aka)

解説

「無痛脱毛」ですが、効果には個人差があり、「完全に痛みが0になる」というわけではありません。
だいたい平均して「半分くらい」です。ただそれでも、痛みが減ることで施術がしやすくなりますので、一つの検討材料にしていただければ幸いです。

そもそもレーザー脱毛は、レーザーで細胞を焼く行為のため、痛みは多少あります。

この痛みは「毛の密度」に比例します。

ですので、たとえば胸やお腹、手やワキなどは、比較的「毛の密度が少ない」ため、そこまで大きな痛みはありません。
いえ、「自分はすごく濃いんだけど」という方は、本当に申し訳ありません。全体的な話としてです。

また「皮膚や脂肪が厚い部位」も、やはりそこまで痛みは少なくなります。
そういう意味では、お腹などは、そこまで痛みはありません。

その点から考えると、よく患者さんの「痛みが強い」と感じる部位が二つあります。

一つが「ヒゲ脱毛」。
ほっぺたなどはそこまでではありませんが、「鼻と唇のあいだ」で、痛みを訴える方はいます。
ただ面積がそこまで広くはないため、すぐに終わり、そこまで苦痛に感じる方は少ないものです。

もう一つが「VIO脱毛」。
こちらは非常に皮膚が敏感のため、やはり痛みを感じる方も多くいます。

どちらも「耐えられない」ということは決してありません。
ただやはり「少しでも痛みを減らしたい」という方への選択肢として当院が提案するのが、この「無痛脱毛」です。

麻酔薬をぬることによって、痛みが少なくなります。(完全になくなるわけではありませんのでご了承ください)

ご心配な方は、お気軽にご相談ください。

ちなみに「人生でつらいことがあったときの心の痛み」にたいしては、残念ながら無効です。
そんなときはカウンセリングなど、人に話すなどで発散するのがいいかもしれません。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

よろしければ、こちらもご覧ください!

第1回【マンガ】レーザー脱毛

第2回「ヒゲ脱毛で寿命が延びる!?」

第6回「VIO脱毛」

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。