「姥捨て山」の本当の意味~ゆうスキンクリニックマンガ

シェアする

ゆうスキンクリニックがお届けする心理学マンガ

「姥捨て山」の本当の意味

みなさんは『姥捨て山』という話をご存じでしょうか?

一見いい話に聞こえますね?しかしこの話は…

まぁ昔は今と違って社会保障なんてない時代でしたから、文字通り「働かざるもの食うべからず」だったのかもしれません。

とはいえ「働く」「役に立つ」というのは、認知症(ボケ)にならないためにも、重要であったりします。
実際、定年を迎えたあとから、すさまじい勢いでうつ状態になったり、また知能が下がってしまうことは結構あります。
人は仕事をしていなかったり、誰かとの関わりがなくなってしまうと、どんどん気持ちが落ちてしまうのです。
どんな形でもいいので、社会との関わりを持ったり、何かの作業をしてみたりするのは、一生現役でいるためにも重要なのです。
無難な結論に頑張ってまとめつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうスキンクリニックの脱毛はこちらからどうぞ!

心療内科はゆうメンタルクリニックへ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
脱毛クリニック メンズサイト