池袋院 03-6914-0003 上野院 03-6663-8862

この作品は○○をバカにしている!~東京脱毛クリニックマンガ

シェアする

東京脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

この作品は○○をバカにしている!

この作品は〇〇をバカにしている!この本は△△にたいする攻撃だ!この意見は◇◇を下に見ている!みんなー?あの雲何に見えるー?|東京脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

ソフトクリーム!お前くいしんぼうだよなー 綺麗な女の人ー!ほんとスケベー!怒ってる先生‥!いつも怒られてるもんな…見る人の心の通りに見えてるだけよ― ていうか全部ウンコに見えねー!? 子供はそう見えるのよぇ|東京脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

人間は、「見たいもの」や「読み取りたいもの」を見ているだけに過ぎません。

抱いた感想は、そのまま本人の意識や気持ちを象徴しています。

すべての作品は、何かを語っているようでいて実は何も語ってはおらず、そこにそれぞれの読者が、それぞれの感想を見出だしているだけです。

実際、自分自身もマンガや本を作っており、色々な方に、
「あの言葉で救われた!」
「あの本で自分自身、生きていこうという気持ちになりました!」
という嬉しいご感想をいただくこともあります。

しかしその本の内容はただのキッカケを作っただけで、それはあなた自身が、
「何かの言葉をキッカケとして、前向きに進みたい、救われたい」
という気持ちがあっただけです。

本などはその後押しをしたにすぎません。

どんな本も作品も一つのスイッチに過ぎず、それだけで一人を変えることはできません。
常に主体は「本人」であって、一つ一つの作品はその後押しをするに過ぎないのです。

ちなみに僕は手塚治虫先生のブラックジャックを読んで、医者への憧れを強めましたが、友人は同じブラックジャックを読んで「無免許でオペをするブラックジャックみたいに、無免許で自動車を運転してもいいんじゃないかと思えた」という感想を話していたので、感想って本当に人それぞれだな、と思いました。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

東京脱毛クリニックの脱毛はこちらからどうぞ!

東京脱毛クリニックの脱毛はこちらから

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!