「オタサーの姫」がモテる理由~脱毛クリニックマンガ

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。

脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

「オタサーの姫」がモテる理由

ぜんぜんモテない、という人は、一位になれる場所に行きましょう。それは魅力を鍛えること以上に大切なことです。

とにかく「モテる」ためには、どうしたらいいと思いますか?

おそらく大半の人が

「ダイエットをもっと頑張る!」
「もっとカッコよくなる!」
「美しくなる!」
「魅力的になる!」

と答えると思います。

もちろんそれは真実です。

しかし実は、それ以上に大切なことがあります。

それこそが「多くの出会いの場所に行く」こと。

上にあるような、魅力をアップさせるための行動は、すべて「今の集団での順位を上げるための方法」に過ぎません。

それよりも、「色々な集団」に属すことができれば、その中で「一位」や「二位」になれる場所もできます。

そうすれば、その集団の中で、「とっても魅力的な異性」になれる可能性もあるのです。

とにかく色々な場所に次々と向かってみてください。

そう言えば自分自身も大学時代、漫画研究会でしたが、女性はものすごく少なかったです。一学年に一人いるかいないか、でした。

そしてその女性は、ちゃんとモテてました。

いわゆる「オタサーの姫」という言葉があります。
オタクサークルなど、男性が多い場所に、女性がいるだけで『姫』扱いされることを言いますが、まさにそれを地でいっていました。

ちなみに自分自身もモテてみたくて、社交ダンスの部活に入ってみたことがあります。
でもそこは、男女「半々」だったので、普通に男性たちの中で順位がつき、ちゃんとモテませんでした。
今から考えると、もっとさらに女性しかいない部活に行くべきだったと思います。でも何が女性だけの部活なのか分かりませんでした。
個人的に「女性部」とかがあれば良かったのに、とか思います。女性であるという部活。ただそれだけの部活。

しかしそうすると、自分は間違いなく入れないな、という切ない結論にたどり着きつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

モテるマンガ、最終刊も発売しました!ぜひ!

ゆう脱毛スキンクリニックの無痛脱毛はこちらからどうぞ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。