女性を感動させるワイン~脱毛クリニックマンガ

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。

脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

女性を感動させるワイン

    

女性、いえ男性であっても、人を喜ばせるために重要なのは、
「自分のために、これだけの準備をしてくれた」
というメッセージです。

それもあって、たとえばデートなどで、会ったあとに
「じゃあ、今日はどこに行く?」
「どっか入れるところ、ないかな?」
など言いながらさまようよりも、
「お店、決めておいた」
「予約しておいたね!」
という方が、相手は喜んでくれるものです。

とはいえ、その店の趣味が相手と合わない可能性があったり、または辛い料理のお店を予約したら、相手が辛いものが苦手だったり…というリスクもありえます。

そのため相手に食べられるもの、食べたいものを軽く聞いておき、その上で予約しておくとスムーズかもしれません。
それと同じで、プレゼントも、「とりあえず何か買ってきましたー」よりも、「君が前に△△と言っていたから、それが好きなんだと思って、こういうのを買ってきた」とか「ちょっと手に入れるのが大変だったけど、これを買ってきたよ」という方は、相手は喜ぶ可能性はアップします。

とにかく「相手のために手を掛けた」というイメージこそが、相手を喜ばせるわけです。

だからといってマンガの内容は失敗例ですのでお気をつけください。

もし同じものを渡したいときは、
「プレゼントに、ものすごく高級な年代物のワインを手に入れたんだ」
などだけ言いましょう。相手の年齢とはリンクさせないのが正解です。
もう何をもって正解なのか分かりませんが、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

新刊も発売です!

ゆう脱毛スキンクリニックの無痛脱毛はこちらからどうぞ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。