ネット論争はデートと同じ!~脱毛クリニックマンガ

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。

脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

ネット論争はデートと同じ!

    

ネット論争は、完全な時間のムダです。

「勝ち・負け」はありません。デートで「勝ち・負け」がないのと同じです。

実際、ネット上で攻撃や批判されたときは、ついつい「反論」してしまいたくなるものです。
そのときにあなたは、
「こう言ってやれば、相手は黙るだろう」
「この論理なら、相手は何も言えなくなるだろう」
「この話を持ち出せば、もう議論に決着をつくだろう」
なんて考えているかもしれません。

でもそれは、まったくの間違いです。

どんな論理にたいしても、「屁理屈」をつけることはできます。

またよく何かを言うと「データを出せ!」という人がいます。
こういう人は「データを出してほしくて納得したい」のではなく、
「データを出せといえば大変だろうから出ないだろう、そう言えば困るだろう」
と思っていることが大半です。
この場合に実際にデータを見つけてみせると、
「このデータでは△△の場合が考察されていないから無意味だ」とか、
「データは確かにあるが、ここがおかしいのではないか。他のデータは?」
など、エンドレスで話を続けます。

「どんな人も間違いなく黙らせる方法」はありません。
それこそ物理的に殴るしかありません。言葉は、相手の中に「聞こう!」という気持ちがあるときにだけ有効なのです。

またたとえ、言葉を尽くして相手を納得させたとしても、ここでさらに重要な点があります。

結果残るのは、「その人とトークをした」という時間。そしてその事実。

あなたは、何かがあるたびにいちいちしょーもないイチャモンをつける人と、デートしたいと思いますか? 僕はしたくありません。完全な時間のムダです。それよりは、素敵なお姉さんとデートした方が百万倍時間が有効ですし、人生も意味があります。(その後、高確率でフラれますが、それでも楽しさは残ります)

結局、そういうことです。しょーもない人にたいして反論して、しょーもない時間を過ごすのは、万が一に相手が納得しようが、完全な時間のムダなのです。議論でも、討論でも、たとえ相手を打ち負かすのも、結局は「デートと同じ」。自分はそれに気づいてから、さらに時間を有効に使うことができるようになりました。

何か少しでも参考になりましたら幸いです。

新刊も発売です!

ゆう脱毛スキンクリニックの無痛脱毛はこちらからどうぞ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。