真実のカウンセリング「『何で』は質問文ではない」~ゆうスキンクリニックマンガ

シェアする

真実のカウンセリング「『何で』は質問文ではない」

~東京脱毛ゆうスキンクリニックマンガ

「何で」は質問文ではありません。

「何で遅刻するんだ!」は「遅刻するな」という意味ですし、
「何でもっと優しくしてくれないの!?」は「優しくして!」という意味です。

前者に「なぜなら電車が遅延したので」など答えたら「言い訳するな! そもそも遅延したくらいで遅刻するような時間に来るのが悪い! その程度のことがあっても間に合うように到着するのが普通だろう!」とキレられますし、後者に「いや、もう気持ちが冷めてきたから」なんて答えたらもう嵐が吹き荒れること必至です。

疑問文、質問文だからといって、素直にそれに答えればいいと思わない方がいいでしょう。

これはよく記者会見でもありますが、
「そんなことをしていいと思っているんですか!」は
「ダメなことをしましたね! ほら苦しみの声をもっと聞かせて!」という意味でもあります。

すべての質問には、それこそ「明確な主張」があります。

「これは質問文だけどイヤミだな」と思ったら、
「答える必要はない」という選択肢もあることを心にとどめておきましょう。

(完)

無料カウンセリング
池袋院お電話0369140003
上野院お電話0366638862
脱毛クリニック メンズサイト