「恋愛したい」の本当の意味~脱毛クリニックマンガ

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。

脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

「恋愛したい」の本当の意味

 

    

「恋愛したい」は「したい」ということです。

男性の「恋愛したい」は「したい」と一緒です。
イコールです。
特に「過去に戻って恋愛したい」と言いだしたら、それはそれで「過去の時代でしたい」という意味になります。

とはいえ、「だから男の『好き』は不純だ」とか「そういうことしか考えてない」ということではありません。

男性にとっては「好き」と「したい」はほぼイコールなのです。

「好き」という高潔なものが、実は「したい」という低俗的なものだった

とかではなく、

「好き」も「したい」も含めて、堂々と高潔な男の愛

なのです。そのあたりはご理解ください。カッコいい。

ちなみに

「過去に戻って何をしたいか?」

というのは結構重要な質問で、これによって、その人がやり残したことや、後悔していることが分かります。

大半は「もっと恋愛したかった」とか「あのとき○○さんに告白したかった」など答えますが、これはまぁ、多くの人にとって、恋愛や性的なものは最重要の関心事項なので、ある意味、当然なのかもしれません。結局のところ「現在の恋愛にやや満足していない」ということになるわけですが、そのあたりは見て見ぬフリをしてあげるといいかもしれません。

他にも「亡くなったあの人に▲▲と伝えたい」などのシリアスな答えが出るのなら、それはそれで、その人のことがいまだに記憶に残っているということ。

ただ決してそれを後悔する必要はありません。
それは、その人がそれだけ大切な人間だったということ。
その人の存在は、ちゃんと心の中で生きているんです。

ですから、後悔する必要はないんですよ。

………。

何で綺麗っぽい結論にまとまっているのか自分でも不明ですが、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆう脱毛スキンクリニックの無痛脱毛はこちらからどうぞ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。