ブロックされた人と会ったら、予想外の結果になった話。~新宿池袋上野皮膚科コラム

ブロックされた人と会ったら、予想外の結果になった話。~新宿池袋上野皮膚科コラム

 

あなたは、SNSで、誰かにブロックされたことはありますでしょうか。

僕は、「ツイッター上で一切関わったことのない方から、気づいたらブロックされてた」ということがあります。

たぶんゆうきゆうアカウントで掲載してるマンガがRTで流れてきて、なんか「もうイヤ!」になったのかなと。

うん。「ブロック以外にミュートもあるんだよ?」と教えてあげたい。

でもなんか、よほど腹に据えかねたのでしょう。ミュートごときではガマンできなかったのでしょう。だとしたら、それはまぁいいんです。

でも自分自身、よくマンガを読むのですが
「このマンガ面白い!作者さんのアカウント見よう!」
と思って検索したらブロックされてる
時とかもあって、この時は非常に切ないです。
一度も会ったことも話したこともないのに。
ていうか、読んだんだ! ツイッターで読んでくれたんだ自分のマンガ! その上でブロックしてくれたんだ!

…何この切なさと嬉しさの入り混じる、複雑な感情。

さらに! さらにですよ!?

漫画家って、出版社さんの行う新年会や忘年会があるんです。
で、自分自身、呼ばれたら、結構いくんです。

もうこの段階で次の展開分かった方もいるかと思うんですが。

そこで! そのブロックしてる、初対面の好きな作家さんを見つけてしまうことがあるんです!

これ、あなたが僕の立場だったらどうします!?

好きなんですよ!
話しかけたいんですよ!
でもブロックされてるんですよ!
一度も話したことがないのに!

こういう状況になること、人生で、そうそうないと思います。

で、自分の場合、もう話しかけてしまいます。
もちろん「迷惑かも…」「怒られたらどうしよう…」みたいな不安はあります。
でも、だからといって話さなくても、モンモンした気持ちが残るだけですから。
それだったら、たとえどっちであっても、明確に判明した方がいい。そう思います。

ただ、何と話すか。

僕は、とにかく普通に。

「あの、ごあいさつしても大丈夫でしょうか?」

と名刺を持って話しかけます。
キングオブ無難な一言だと思います。
これにたいして「ごあいさつダメー! 帰れー!」と言われたことはいっっっっさいありません。
新人の方でも、誰でも知ってる超大御所の方でも、またはどんなに気難しいとウワサされてる作家さんでも、みんなそうでした。これは自信もって言える。
当然、僕だってそうです。誰にこのセリフを言われても、絶対に「もちろんです!」と答えます。何より話しかけてくれたことを嬉しく感じます。おそらく大半の方が、そうなはずです。

とにかくもちろん、そのブロックされてる方でも、ちゃんと話してくださいます。

「あ、はい…!」

そこからは普通に自己紹介と、読んでることのお伝えです。

「あの、前から先生の作品、読んでます!」

すると相手の方は、たいてい嬉しそうにリアクションくださいます。良かった。

「あぁん!? ブロックしてるお前が、何しに来た! それに俺の本勝手に読んでんじゃねぇ!」
と即怒られたことはありません。そりゃそうだ。

そこで少しお話したあと、最後にプラスで聞きます。

「あの先生…! すみません! ツイッターでフォローしようと拝見したところ、ブロックされてしまってまして…。何か御迷惑おかけしたのではと、ずっと気になってまして…!」

とにかくソフトに「理由を聞きたい」というくらいのニュアンスです。

すると「あれっ!? そうでしたか!? すみません! 確認します! 何にせよ、すぐこちらからフォローしますね!」
と言ってくださいます。今まで100%そうでした。

「そうだよ! お前なんか嫌いだ! ブロックしてて悪いか!」とキレられたことは皆無です。

まぁ、100%と言いつつ、そもそも三回しか経験がないので、どこまで断定できるか分からないのですけども。三回は多いのか少ないのか。多いわ。

総じてリアクション的に
「色々とあまり考えずブロックしている中でたまたま入った」
みたいな感じだな、と思いました。いえ全力でそう装ってくださってたのかもしれないんですけども。

何にせよ、話しかけて本当に良かったな、と思います。

みなさまも、たとえば「誰かに嫌われてるのでは?」と思ったときは、ぜひ思い切って話してみることをオススメします。

「話してみると、相手は思ったほど悪く思ってなかった」とか
「話してみると、想像よりずっといい人」ということが結構あります。
悩みすぎるよりも、まずは話す…というのを試してみるといいかもしれません。

………。

そもそもブロックされないのが一番ではないか、と至極当然な感想を抱かれてる気がしつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

「マンガで分かる心療内科18 マインドフルネス編」

ブッダの教えから生まれた、「気持ちが安らぐ」心理療法です!

 

重要なのは「気づいている」こと!

 

たった10秒でも効果があります!

 

「味わう」とは…?!

どんな人生でも余裕をもって楽しめるようになる「マインドフルネス」!ぜひご覧ください!

「マンガで分かる心療内科18 マインドフルネス編」Amazonページはこちらから

 

 

 

 

「マンガで分かる 肉体改造 短眠編」

短眠で人生の密度は倍にできます!!

 

長時間睡眠はお酒やタバコと同じなのです!

眠れない=健康に影響が出る ではない…?!

 

睡魔に対抗するには…?

人間の睡眠の常識を壊す話ですので、ぜひ!

 

「マンガで分かる 肉体改造 短眠編」Amazonページはこちらから

 

(完)

 

ゆうきゆうのコミックス
2019年11月29日に3冊同時発売します!

「マンガで分かる心療内科18 マインドフルネス編」
「マンガで分かる 肉体改造 短眠編」
「マンガで分かる ゆうきゆう式 ストレスクリニック 下巻」

 

「マンガで分かる ゆうきゆう式 ストレスクリニック 下巻」

つらい今を、ストレスを利用して、成功しましょう!!

「到達欲求」と「回避欲求」とは…?

 

1,2,3…どれでしょうか?

 

「負けるが勝ち」の真理とは!?

 

かのストレスクリニックの後編です!

「マンガで分かる ゆうきゆう式 ストレスクリニック 下巻」Amazonページはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿院
 新宿区西新宿1-23-1 TK 新都心ビル 3F
 03-3345-2777
池袋院
9/22(火祝)診察します!
 豊島区東池袋1-7-5 池袋イースタンビル2F
 03-6914-0003
上野院
9/21(月祝)診察します!
 台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル 9F
 03-6663-8862

ゆうスキンクリニック|24時間対応 WEB 予約やお問合せはコチラ

必須 ご用件脱毛カウンセリング(無料)美容施術の初診お問い合わせ
必須 希望院新宿院池袋院上野院
必須 ご希望日
必須 ご希望時間
必須 お名前
任意 ふりがな
必須 メールアドレス
任意 お電話番号
任意 ご質問・ご相談
残文字数: 250

ご注意事項

  • 当院をはじめてご利用になる患者様は本人確認書類(保険証、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、学生証等)をいずれか一点お持ちください。
  • 返信まで数日かかる場合もございます。緊急のお問い合わせに関しては、恐れ入りますがお電話にてご連絡ください。
  • Web では施術予約は承れません。カウンセリング後にお電話にて施術予約をお取りください。
  • カウンセリングと同日にHIFU(ハイフ)や脱毛の施術をご希望の場合は、予約の空き状況を確認させていただきますので、お電話にてご連絡ください。
  • 「迷惑メール防止」の受信設定をされている場合は、ドメイン「yubt.net」の指定解除を行ってください。
  • 【18歳未満】の方は、保護者の方の同意が必要です。
    こちらを印刷して記入の上お持ち下さい。(※クリニックにもございます。)

ゆうスキンクリニック新宿院|03-3345-2777
ゆうスキンクリニック池袋院|03-6914-0003
ゆうスキンクリニック上野院|03-6663-8862

各メニューの詳細や料金等は下記ページをご覧ください

当院は、皮膚科の保険診療の他、脱毛・小顔施術・美容点滴などの美容皮膚科診療を行う皮膚科クリニックです。
当院は新宿・池袋・上野の 3箇所で運営しております。本日も受診可能ですので、お気軽にご連絡下さい。