【脱毛クリニックコラム】隠れてる文字で想像させるもの。

シェアする

隠れてる文字で想像させるもの。

駅を歩いていたら、こんな看板がありました。

一瞬「何コレ!?」と思いました。

掃除中のゾウキンがかかってるだけなんですけど、一体何が隠れてるのかビクッとなりました。
隣に別の看板があったので、めくるまでもなく答えが「鳩(はと)」だと分かったんですが、それでも色々と想像します。

犬なのか猫なのか。人なのか。
または、もっとすごい動物なのだろうか。動物園では、ゴリラあたりはフンを投げてくるので怖いのですが、さすがにゴリラがこの文字の大きさに入るとは思えないのでそれだけは安心でした。
他にも「毒」とか、そういう動物ではなく、フンの特性に関する話だったらどうしようとも思いました。だとしたら激しく怖い。

人間、欠けたものにはものすごく興味を引かれてしまうことを「ツァイガルニック効果」と言いますが、今回、ものすごくその心理が分かりました。

街を歩きながらどうでもいいことを考えつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

全身脱毛はこちらから。

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!