「戦いの本能」は残っている!~ゆうスキンクリニックコラム

シェアする

「戦いの本能」は残っている!

こんにちは。ゆうきゆうです。
いつも元気です。
今夜はこんな話をお送りします。

◆ 心にある、戦いの本能。

突然ですが人間には、古来から「戦いの本能」があります。
この本能があるからこそ、様々な動物はもちろん、別の部族や敵などが攻めてきたときに、それを迎え撃ち、生き残ることができました。
その本能がなかったら、攻められたときに「どうぞもう何でもしてくださいー!」なんて風に反応してしまい、間違いなく死に絶えてしまうことでしょう。

その本能があるからこそ、ここまで生き残ることができたわけです。

そのため現在の我々にも、その本能は根強く残っています。
しかし現在、戦争もなければ、恐ろしい猛獣が襲いかかってくることもありません。

よってその本能は、まったく認識すらされないほど、ナリを潜めています。

◆ 仲良くすることが、実は勝利につながっている?

実際、戦いの本能は「原始的」なもので、逆に言えば、「戦う必要がない」のなら、出す必要はまったくないのです。
それよりも「みんなと仲良くするコミュニケーション能力」や「みんなの喜ぶことをして、愛される能力」などの方がずっと大切です。
なぜなら、みんなが「仲間」であるのなら、その仲間の中で愛された方が、生き残る確率が上がるからです。たとえば宇宙人が攻めて来る、突発的に世界戦争が勃発する(ありえないとは言い切れません)などが万一起こったときに、愛されていれば、みんなが守ってくれる可能性もあります。
逆にノケモノにされていたら、一人で孤独に戦い、死んでしまうリスクもあります。

平和時だからこそ「仲良くする」ことが、結果的に生存のために重要なのですね。

◆ 議論こそが実は戦い!

何にせよ「とにかく戦う!」という本能は、平和な現在、表面的には表れていません。

しかし。
それでも我々の中に隠れている本能は、そんなにすぐに消せるものではありません。

その代表的なものが「議論」です。

誰かと主張が対立する。こういうことは多々あります。
この場合に「自分の論理が通らない」というのは、まさに「戦いに負けた」ことと同義。
本能ゆえに、それは決して許されないことなのです。

ゲーム「三國志」の中で、肉体派の武将同士は「一騎打ち」というバトルで戦いますが、知性派の武将同士は「論戦」というバトルで戦うのと同じです。たとえのせいで分かりづらくなったら申し訳ありません。
何にせよ、たとえ武器は「言葉」であっても、結果的に戦いそのものは「同じ」。

負けるわけには行かないのです。

◆ ネットの議論はとても不毛。

このもっとも分かりやすいのが「ネットでの議論」でしょう。

いえ、議論とすら呼べない「ものすごい言いがかり」をつけてくる人がたまにいますね。
これもまた、「戦いの本能」だからです。

言いがかりをつける人は、もう突然に脳内がバトルモードで燃え上がっているのです。

そのため、どんな正論や説得を繰り出そうとも、相手は決して聞く耳を持ちません。
曲解したり、聞こえないふりをしたり、また読み違えたり、論点をずらすなどして、もうエンドレスに議論をふっかけてきます。
だってしょうがありません。その人の中では「負けることは死を表す」わけですから。

ちなみにその人を「言い負かそう!」「説得しよう!」と思ったとするなら、それはあなたの中にも、その「戦いの本能」の炎が燃えさかりかけているということ。
重ねてこの場合、もう「勝利」なんて存在しません。

物理的なバトルなら、攻撃を当てれば相手は黙りますが、議論は違います。

なぜなら「聞こえないフリ」とか「理解しないフリ」をすれば「無敵」だからです。

本気でやめさせたいなら、殴るしかありません。いえダメですけども。

◆ まずは相手を受け入れよう。

何にせよ、誰かと議論したくなったときに「論破」や「説得」しようとするのは、かなりハード。
相手にある「戦いの本能」のすべてを真っ正面から受け止め、その上で、それ以上の炎の勢いで屈服させないといけません。めっちゃ大変です。

それより重要なのは、とにかく相手の話を受け入れてしまうこと。
「そうですか…! 確かにそうですね…!」
「ありがとうございます。参考になります…!」
など受け入れてしまえば、相手の炎も行き場をなくして「えっ…」と静かになっていく可能性もあります。

本能が鎮火していくわけです。
その上で「なるほど、ただ自分は▲▲と思ったのです」など、添えるようにホンネを伝えれば、相手は「そうか、そういうことだったんですね…」など静かになっていく可能性もあります。

もちろんその上で再度またゴォッ!と燃えるなら同じことを繰り返すか、ブロックしかありません。

今回のまとめ

・人間には戦いの本能がある。
・論戦も結局はバトル。ネットの議論で相手がぜんぜん説得されてくれないのはそれが理由。
・よって相手を説得しようとするのではなく、まずは受け入れてあげること。

どうか覚えておいていただければ幸いです。

◆ さいごに。

実際、日常生活で色々とうまく行っていなかったり、「立場的に虐げられている」と感じている人ほど、原始的な部分がおびやかされ、戦いの本能をより強く出している可能性は高くなります。

よってあなたがついついカーッとしやすく、誰かと議論ばかりしてしまうのなら、「これ、戦いの本能なのか…?」と考えてみることが大事。
そしてその上で、「仲良くしよう」と考えてみましょう。とにかく一人でも二人でもいいので、「この人となら仲良くできる」という人を思い返し、その人に簡単なメッセージでも声掛けでもいいので、「おはよう」とか「ありがとう」とか伝えてみましょう。
それだけで気持ちがリラックスし、他の人とバトルになることは減ります。
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

マンガ単行本が2018年3月30日に3冊同時発売!

全身脱毛はこちらから。

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!

新宿院

住所:新宿区西新宿1-23-1 TK 新都心ビル 3F Tel:03-3345-2777

池袋院

住所:豊島区東池袋1-7-5 池袋イースタンビル2F Tel:03-6914-0003

上野院

住所:台東区上野6-16-16 上野 ORAGA ビル 9F Tel:03-6663-8862

各種メニューの詳細や料金等は下記個別ページをご覧ください

当院は、皮膚科の保険診療の他、脱毛・小顔施術・美容点滴などの美容皮膚科診療を行う皮膚科クリニックです。
当院は新宿・池袋・上野の 3箇所で運営しております。本日も受診可能ですので、お気軽にご連絡下さい。

ゆうスキンクリニック新宿院|03-3345-2777
ゆうスキンクリニック池袋院|03-6914-0003
ゆうスキンクリニック上野院|03-6663-8862
ゆうスキンクリニック|24時間対応 WEB 予約やお問合せはコチラ
WEB予約・無料カウンセリング
新宿院お電話03-3345-2777
池袋院お電話03-6914-0003
上野院お電話03-6663-8862
料金・コース|ゆうスキンクリニック