危険なゲーム、危険ではないゲームの差~新宿池袋上野皮膚科コラム

危険なゲーム、危険ではないゲームの差~新宿池袋上野皮膚科コラム

◆ ゲーム依存で課金20万円?

最近、ゲーム依存で課金20万円した方がニュースになっています。

しかし、自分に言わせていただくと、「そこまで問題なのか」と思います。

依存症かどうかの境目は「生活において、困るかどうか」。
正直、20万円課金しようが、その方が困っていなければまったく問題ありません。

たとえばその方がアラブの王様レベルの資産をお持ちなら、20万円なんて、はした金でしょう。
10000円持ってたら、20円なんてどうでもいい、みたいなものです。

それこそ合コンをはじめとする飲み会に一回行けば3000円~5000円。高いお店なら1万円するかもしれません。「じゃあ男はいくら、女の子はいくらでいいよー」と男性幹事が己の好感度アップのために勝手に言いだした場合、それ以上の出費もありえます。
そして合コンで、イイ出会いがあるとも限りません。
10回前後合コンにいって悲しく何もなく終わるのと、20万円をゲームにつぎこんで、それなりに充実した時間を過ごすのと、果たしてどっちが幸せでしょうか。おそらく後者のはずです。

………。
話が思い切りズレましたが、何にせよ、20万円ゲームに使ったからといってダメ、と言い切れるわけではないのです。

特にその方にとって
「ゲームこそが唯一の趣味! 自分にとって最高の希望! 人生において追い求める究極の悦び!」
とか思われてるなら、その道を突き進めばいいのではないでしょうか。
ある人にとってはゲームであり、マンガであり、アニメであり、何かの作品であり…。それぞれにとって大切なものがあるはずです。

それはもう、外野が口を出すことではありません。

…ただ、まぁ。
実際、ゲームに20万円使ってしまう人が、それで終わるとは到底思えません。

それ以降、また同じく使う可能性はあり、それが30万円、40万円…とどんどん増えていき、それこそ冗談抜きで、数百万円、数千万円になる可能性もあります。
そうなると、まぁたいていの人は、いつか必ず生活で困ったり、破産してしまう可能性もあります。
実際にメンタルクリニックにいらっしゃる方の中に、ゲームに課金しすぎて金銭的に困っている方も多々います。

その一方、あまり長期的にそのゲームにハマらず、時間も課金額もどこかで止まり、普通の生活に戻る方もいます。

この差は何なのでしょうか?

◆ 危険すぎるゲーム、危険が少ないゲーム。

ここで僕は、「ゲーム」には「二種類」あると思っています。

それこそが「エンドレス」か「エンドあり」か。

たとえば「パズドラ」などを代表とするゲームは、まさしくエンドレス。
新キャラや新ステージ、新ボスを無限に生み出せます。
だって絵を変えて、数値をちょっと高くすればいいだけですし。

他にも誰かとの関係性ができるオンラインゲームは、抜けにくいものの代表です。
どんな部活でも、友達ができるとやめにくいのに似ています。

しかし、それこそオンラインではない大半のゲームや、ストーリーがあるゲームは、どこかで必ず終わりが来ます。
やりこみ要素があるにしても、結局は一つの世界なので、いつか飽きるポイントに到達するのではないでしょうか。

特にストーリーがあるゲームは大半がこのタイプになります。
さらに一人でプレイするゲームなら、「あの人がいるからやめにくい」ということもないはずです。

実際に自分自身、やりこみ要素(アイテム集め)が1000近くもある「ゼルダの伝説」の最新作をプレイしていますが、ボスを倒した時点でかなり気持ちが落ちついてます。
また「逆転裁判」や「ダンガンロンパ」などの推理系ゲームも大好きでしたが、クリア後はプレイすることはありません。
もしこれがオンラインで他人とのやりとりが生まれるゲームや、それこそ次から次へと新たなボスが(数値をいじるだけで)生まれるゲームだったら、いまだにハマりつづけていたのではないかと考えます。

何にせよ個人的に、
「もしゲームにハマるのなら、ストーリーがあるゲームや、一人でプレイするゲームにしておけ」
と言いたいです。

無限に続くスマホゲーム、いつまでもやめづらいオンラインゲームなどではなく、一人で完結する、ストーリーのある世界のゲーム。
それこそが、まだ時間に限りがあるため、一段安全です。

何かの際には覚えておいてください。

………。

「好きなものを選定できるなら、誰も困らないのではないか」
「そう思ってもハマってしまうから困っているのではないか」

そんな反論が湧き上がることを重々感じつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

ゆうきゆうのコミックス
2019年11月29日に3冊同時発売します!

「マンガで分かる心療内科18 マインドフルネス編」
「マンガで分かる 肉体改造 短眠編」
「マンガで分かる ゆうきゆう式 ストレスクリニック 下巻」

「マンガで分かる心療内科18 マインドフルネス編」

ブッダの教えから生まれた、「気持ちが安らぐ」心理療法です!

重要なのは「気づいている」こと!

たった10秒でも効果があります!

「味わう」とは…?!

どんな人生でも余裕をもって楽しめるようになる「マインドフルネス」!ぜひご覧ください!

「マンガで分かる心療内科18 マインドフルネス編」Amazonページはこちらから

「マンガで分かる 肉体改造 短眠編」

短眠で人生の密度は倍にできます!!

長時間睡眠はお酒やタバコと同じなのです!

眠れない=健康に影響が出る ではない…?!

睡魔に対抗するには…?

人間の睡眠の常識を壊す話ですので、ぜひ!

「マンガで分かる 肉体改造 短眠編」Amazonページはこちらから

「マンガで分かる ゆうきゆう式 ストレスクリニック 下巻」

つらい今を、ストレスを利用して、成功しましょう!!

「到達欲求」と「回避欲求」とは…?

1,2,3…どれでしょうか?

「負けるが勝ち」の真理とは!?

かのストレスクリニックの後編です!

「マンガで分かる ゆうきゆう式 ストレスクリニック 下巻」Amazonページはこちらから

新宿院

住所:新宿区西新宿1-23-1 TK 新都心ビル 3F Tel:03-3345-2777

池袋院

住所:豊島区東池袋1-7-5 池袋イースタンビル2F Tel:03-6914-0003

上野院

住所:台東区上野6-16-16 上野 ORAGA ビル 9F Tel:03-6663-8862

各種メニューの詳細や料金等は下記個別ページをご覧ください

当院は、皮膚科の保険診療の他、脱毛・小顔施術・美容点滴などの美容皮膚科診療を行う皮膚科クリニックです。
当院は新宿・池袋・上野の 3箇所で運営しております。本日も受診可能ですので、お気軽にご連絡下さい。

ゆうスキンクリニック新宿院|03-3345-2777
ゆうスキンクリニック池袋院|03-6914-0003
ゆうスキンクリニック上野院|03-6663-8862
ゆうスキンクリニック|24時間対応 WEB 予約やお問合せはコチラ
WEB予約・無料カウンセリング
新宿院お電話03-3345-2777
池袋院お電話03-6914-0003
上野院お電話03-6663-8862
料金・コース|ゆうスキンクリニック