SNSの更新頻度と人生の関係~脱毛クリニックマンガ

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。

脱毛クリニックがお届けする心理学マンガ

SNSの更新頻度と人生の関係

SNSの更新頻度と、実生活の充実度は反比例します。

そういえば最近、「5日間、誰ともコミュニケーションを持たなかったら、人間はどうなるか?」という実験が行われたそうです。
結果、あっという間に精神が不安定になったとか。
こちら、詳細はありませんが、おそらく「ネットや電話も禁じられた」と想像されます。いや、それらがあったら、おそらく大半の人が、5日どころか1ヶ月でも1年でも過ごせそうですし。実際にそういう生活をしている日本人も多いんじゃないでしょうか。僕自身も、原稿を書いているときとか、誰とも一切あわないことも多々ありますし。ただ当然ですが、ネットでは人とは通じています。
いずれにしても、上の実験は、ネットなども含めて「完全に外との孤立」をさせたと考えられます。
こうなると、人間にとってはかなりのストレス。監獄でも、懲罰的に「独房」というものが存在します。人は誰ともコミュニケーションが取れず、孤独になってしまうことは、ものすごくつらいことだとされています。

さてここでマンガの話に戻ります。
実生活が充実しているなら、色々な人と接しているわけで、そうなると、わざわざネットを使ってコミュニケーションを取ったり、ネット上のつきあいを充実させる必要はありません。
しかし実生活でそこまで人と接しないと、ネットでも、またバーチャルでもいいので、「人とのつながり」を求めようとしてしまいます。結局、どちらであっても、コミュニケーションの「総量」こと、人間が必要な「人とのつながりの量」というのは、「同じ」なのではないかと、僕は推察します。ある意味、人間が一日に必要な食事の量は、人によってそこまで大差がないのに似ています。

何にせよ、もしあなたがネットのコミュニケーションのみで「十分」と考えているのなら、もちろんそれはそれでアリです。しかし「このままでいいのか…!?」と思っているのなら、それこそ一日一時間でも、ネットやスマホの電源を切ってみる時間を作ってみることから始めてみてはいかがでしょうか。そちらが減る分、実生活のコミュニケーションにつながる可能性もあります。頑張ってください。


2017年10月、ゆう脱毛スキンクリニック上野院も開院します!ぜひ!

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆう脱毛スキンクリニックの無痛脱毛はこちらからどうぞ!

ゆうメンタルクリニックの「マンガで分かる心療内科」はこちら!
マンガで分かる皮膚科はこちらです!

読んでくださってありがとうございました!気に入って頂けたらご紹介ください。