「糖質制限」と「低GI」 違うってホント!?

「糖質制限してるの!」という彼女のお昼ご飯は、おそばや雑穀米。

でもそれって「糖質制限食」ではないのをご存じですか?

 

糖質制限とは「糖質」=「白砂糖や白飯」を「黒砂糖や玄米」にすることと思っている人もいるのでは? 

じつは「低GI」食品を選ぶだけでは、糖質制限にならないのです。

「気をつけているのに効果が出ない…」

とがっかりする前に「糖質制限食とは何か?」をもう一度おさらいしてみましょう。

 

本日は糖質制限に詳しく、ご自身も実践されているゆうメンタルクリニックの安田雄一郎先生にお話を伺いました。

「低GI」を選んでも意味がない!?

 

…まず低GI食品とは?

「たとえばGI(グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略)値の高い砂糖を食べると、血糖値がすぐに上がります。GI値の低い玄米を食べると砂糖に比べ血糖値がゆっくり上がります。

血糖値をゆっくり上げるもののほうが脂肪になりにくい、ということのようです」(安田先生以下「」同じ)

 

「しかし、速度の差はあれ血糖値が上がり、最終的に糖として吸収されるのは同じことです。

ですので低GI値の食品を選ぶことは『何の意味もない』と思っています」

 

…低GI値の食品を選んでも意味がないと?

「そうです。血糖値を『ゆっくり』上げることが、なぜ血糖値を『急激』に上げることよりいいのか、納得のいく理由がないのです」

 

よく「ゆっくり血糖値が上がるものは脂肪になりにくい」と聞くのですが?

「インスリンが急激には出なくても、まったく出ないわけではありません。インスリンが出るなら結局みな同じです」

 

…でも、うどんよりそばのほうが太らない気がします

「いえいえ。どちらも太りやすさはまったく同じです」

「たとえそばの代わりに白砂糖を食べたとしても、太りやすさは同じと考えていいでしょう。

たとえるなら毒を一気に飲むか、それとも少しづつ飲むか…

高GI値食品でも低GI値食品でも総合的ダメージは大差ありません」

 

 

「糖質制限」とは糖質を食べないこと

 

…ではスリムな健康体でいるにはどうしたらいいのでしょう?

血糖値を上げるものを食べなければいいのです。

穀物、イモ類などの糖分を口にしない。もちろん玄米やそばもそう。

これが『糖質制限』です」

 

…かなりストイックな響きがしますが…私にもできるでしょうか?

「難しく感じる方は、糖質を毎食とるのではなく『朝だけ』『夕だけ』などにするといいでしょう。

糖質を毎食少量を食べるよりも、一日3回食事するとすれば、まったく食べない回を設けたほうが効果的です」

 

「体のガソリンが糖質から脂肪に切り替わる1~2週間は、ややぼーっとするかもしれません。特に女性はもともと脂肪を蓄えたいという本能があるので、糖質に対する執着が男性よりは強いでしょうね。

しかしたんぱく質は太古の昔から、人類の主要なエネルギー源なのです。

穀物を栽培する時代に到達するまでの長い間、人々は貝などのたんぱく質を中心にとって生きてきました。それに比べて穀物が主食である期間はごくわずかです。

ですので、糖質をとらなくても自然と体が慣れてくると思います」

 

…どうしても甘いものが食べたいときは?

「コンビニで売っている低糖質のお菓子などがいいでしょう。でも低糖質を謳っているにもかかわらず高糖質のものもあります。

糖質含有量が『5g以下』を基準に選ぶとよいでしょう」

「またはラカントなど人工甘味料を使って手作りするのもおすすめです。現在販売されている人工甘味料なら健康に問題はありません」

「しかし糖質制限を続けていると、糖質よりの好みがだんだんと肉好きに変わると思いますよ。今までほどは甘いものが欲しくなくなるでしょう」

 

 

糖質制限成功のコツ

 

糖質制限をするとき、特に気をつけることはありますか?

「糖質制限が続かない一番の原因は、同時にカロリー制限もしてしまうことです。

たんぱく質と脂質はぜひ、どんどんとってください

 

…脂質もとっていいのですか?

「はい。たくさんとっても問題ありません。

よく『血管に脂肪が詰まる』などといいますが、食べた脂質が詰まるのではありません。

血管にダメージを与えるのは炭水化物なのです」

 

…おすすめの食材はありますか?

「やはり卵ですね。あとはひき肉など。

よく糖質制限はお金がかかるという人がいますが、そんなことはありません。日々の食材を見直せば安くて効率的な食事ができると思います」

 

…ありがとうございました。

(インタビュー完)

 

 

低GI値食品を食べるだけでは糖質制限にはならないという点、ご理解いただけましたでしょうか?

 

糖質制限をする際に気をつけることは

「ご飯やそばなどの糖質は毎食少量をとるより、1日の食事のうち1~2回は全くゼロにする」

「カロリーは気にしない。たんぱく質や脂質は積極的にとる」

の2点です。

 

ぜひこの機会に、糖質過多におちいりがちな日々の食生活を見直してみませんか?

 

 

新宿院
 新宿区西新宿1-23-1 TK 新都心ビル 3F
 03-3345-2777
池袋院
 豊島区東池袋1-7-5 池袋イースタンビル2F
 03-6914-0003
上野院
 台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル 9F
 03-6663-8862

ゆうスキンクリニック|24時間対応 WEB 予約やお問合せはコチラ

必須 ご用件脱毛カウンセリング(無料)美容施術の初診お問い合わせ
必須 希望院新宿院池袋院上野院
必須 ご希望日
必須 ご希望時間
必須 お名前
任意 ふりがな
必須 メールアドレス
任意 お電話番号
任意 ご質問・ご相談
残文字数: 250

ご注意事項

  • 当院をはじめてご利用になる患者様は本人確認書類(保険証、運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、学生証等)をいずれか一点お持ちください。
  • 返信まで数日かかる場合もございます。緊急のお問い合わせに関しては、恐れ入りますがお電話にてご連絡ください。
  • Web では施術予約は承れません。カウンセリング後にお電話にて施術予約をお取りください。
  • カウンセリングと同日にHIFU(ハイフ)や脱毛の施術をご希望の場合は、予約の空き状況を確認させていただきますので、お電話にてご連絡ください。
  • 「迷惑メール防止」の受信設定をされている場合は、ドメイン「yubt.net」の指定解除を行ってください。
  • 【18歳未満】の方は、保護者の方の同意が必要です。
    こちらを印刷して記入の上お持ち下さい。(※クリニックにもございます。)

ゆうスキンクリニック新宿院|03-3345-2777
ゆうスキンクリニック池袋院|03-6914-0003
ゆうスキンクリニック上野院|03-6663-8862

各メニューの詳細や料金等は下記ページをご覧ください

当院は、皮膚科の保険診療の他、脱毛・小顔施術・美容点滴などの美容皮膚科診療を行う皮膚科クリニックです。
当院は新宿・池袋・上野の 3箇所で運営しております。本日も受診可能ですので、お気軽にご連絡下さい。